お酒は肝臓のL-システインを減らして髪まで回らなくする

お酒は肝臓のL-システインを減らして髪まで回らなくする

..... ..... ..... ..... .....

.............................................................................................. > >
  • お酒は肝臓のL-システインを減らして髪まで回らなくする

 

お酒は肝臓のL-システインを減らして髪まで回らなくする

AGA(男性型脱毛症)は、お医者さんで治療できる。
そんなCMもテレビで流れるようになりました。
病院で行われるAGAの治療は、進行遅延です。

 

症状としては、抜け毛が多い・毛が細くなった・毛が伸びない
地肌が透けて見える・髪のセットがしにくい・頭皮が脂っぽい
などです。

 

原因は一般的に遺伝や男性ホルモンの影響
主として考えられているようです。
ヒドロテストステロン(DHT)が主な原因物質です。

 

このDHTが毛乳頭細胞に存在する男性ホルモンと結合する事で、
ヘエサアエクルが乱れ成長期が終了してしまいます。
そのため毛髪が太く長い毛に成長する前に抜けてしまい、
十分に成長していない短い毛が多くなることで、全体的に
薄毛が目立ってしまうのです。

 

その他にもストレスや食事、生活習慣
原因になっているかもしれません。

 

薄毛対策を一つ。
シャンプーは、髪の毛を洗うのではなく、頭皮を洗うことです。
頭皮に皮脂や汗、誇りが付着したままだと、頭皮が荒れて
薄毛の原因になることもあります。頭皮の汚れをしっかり
取り除いて、頭皮環境を整えることも大切です。

 

暑い夏。帽子をかぶる方が増えます。帽子の中は蒸し風呂、
サウナ状態ですから、帽子をかぶった日にはキレイに洗って
あげるとよいですね!そして風呂上がりの一杯!!

 

適度のアルコールは血管を膨張させ血流がよくなるので、頭皮の血流が
増加するということは育毛にも効果が、あるのかもしれません。
逆に飲み過ぎは血液の循環が悪くなり、当然育毛にも悪影響が出ます。

 

アルコールは肝臓に運ばれ2つの酵素が働いていますが
これらの酵素の活性化させるのが
「L-システイン」と呼ばれるアミノ酸です。

 

L-システインは髪や爪、はだを構成する必須アミノ酸です。
L-システインが肝臓で多量に消費したとすると、
当然髪に回る量は減ってしまいます。

 

よって肝機能から見た場合、お酒は育毛に良いとは言えません。
お酒は頭皮の血行に大きく関係しています。
もし、育毛剤を使っている場合、できれば禁酒を
してしまった方が効き目が高くなるのではないでしょうか?